人は忘れる生き物

こんにちは。

みなと個別指導塾 清澄白河教室の戸坂です。

以前にも内容かもしれませんが、大事なことなので再投稿です!

成績が振るわない生徒のタイプには大きく分けて2タイプあると考えています。

一つ目は、そもそもやる気がなくて勉強をしていない。

二つ目は、頑張って勉強したのに、成果が現れない。

特に後者の経験を経て勉強が嫌いになってしまった子は

なかなかやる気を取り戻すのが大変です。

早速ですが、この表をご覧ください!

ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスによって証明された

有名な「忘却曲線」というものです。

人はそもそも1日経つと半分以上忘れてしまうようにできているのです。

周りに学校の授業を聞いているだけでとてもいい成績の子っていますよね?

その子と比べて私は僕は勉強が苦手なんだと思い込まないでください。

人はそもそも忘れる生き物で、塾に通わずとも成績がいい子は

無意識に自分に合った学習方法を見つけている子が多いです。

勉強したのに成績が伸びないので多いのが、上の表で言うと青い曲線の「短期記憶」を

繰り返して勉強したと思い込んでしまっているパターン。

みなとではこの短期記憶を長期記憶へと定着させるための秘策があります!

長くなってしまうので割愛させていただきます!

ぜひ教室までお話を聞きにお越しくださいませ!

タイトルとURLをコピーしました