模擬試験を受ける意味は?

大田区 雑色駅・武蔵新田駅 江東区 清澄白河駅の学習塾

【みなと個別指導塾】

こんにちは! 雑色教室の関口です!

 

今日は今週土曜日に教室で実施する、

模擬試験についての更新です!

 

今回は中学3年生を対象に、都立高校受験に向けた模擬試験を行います。

生徒と話をしていると、「模試って受ける意味あるの?」という質問を受けることがあります。

ということで今日は、模試を受ける意味についてお話しします。

 

室長は模試を受ける意味として大きく3つあると思っています。

 

①自分の理解度を知るため

②受験者の中でどれくらいに位置にいるかを知るため

③問題形式・本番の空気に慣れるため

 

大きく分けてこの3つです!

 

①自分の理解度を知るため

 

これに関しては言わずもがな、模試で間違えてしまった問題=今自分が解けない問題なので

自分の弱点を知り、復習し理解するためです。

高校受験ともなると範囲が広く、どこが自分の弱点か自分で分析をするのはなかなか難しいです。

なので模擬試験を使って、正答表や結果から自己分析をし、苦手の克服に役立てることができます。

 

②受験者の中でどれくらいの位置にいるかを知るため

 

実はここがかなりの重要ポイントです!

都立入試を受けるのは同級生の東京都に住む中学3年生たちで、

もちろん自分が通っている学校以外からも受験をしに来る生徒はたくさんいます。

学校内の少ない人数での比較ではなく、より大きい規模での比較ができるので、

より詳細な偏差値・順位を知ることで、自分の志望校への合格率などが分かるようになります。

 

さらに都立高校の模試では、志望校までの残り点数が可視化できるので、

具体的な目標設定が行いやすく、学習計画も立てやすくなります!

 

③問題形式・本番の空気に慣れるため

 

都立高校の入試問題は、実は問題形式が例年ほぼ変わらず、

配点から問題数までほぼ同じになっています。

なので、過去問や模擬試験を解けば解くほど、入試の傾向に慣れることができ、

本番に強くなります。

 

また、初めての模擬試験では周りに知らない人がたくさんいて、空気に飲まれてしまうなんて話もよく聞きます。

逆にもしそれが模試じゃなかった場合、本番で本領発揮ができないことになってしまいます。

定期的に模擬試験を受けることで、緊張感や場の雰囲気に慣れておきたいですね。

 

 

今回の模試は受付が終わってしまいましたが、

次回以降も受験生に関しては特に積極的に受験をしてもらいたいと思います!

 

塾からもお申し込みが可能ですので、

興味がある方はお気軽にお問い合わせください!!

 


みなと個別指導塾 雑色教室

03-5480-4080

みなと個別指導塾 武蔵新田教室

03-5732-1118

みなと個別指導塾 清澄白河教室

03-5621-5156

タイトルとURLをコピーしました